検索

「6次産業化とデザイン」

皆さんこんにちは、デザインコンサルタントの高橋です。 本日は「6次産業化とデザイン」というテーマでお話致します。 北海道において、豊かな1次資源である農水産物をそのまま原料として流通させるのではなく、 価値を高めてどう消費者に届けるかということ。 その施策として、「6次産業化」という施策で、生産・加工・販売までを 一つのベクトル上で考えていくことが必要と言われています。 さて、先日(今年2月)に行われた6次化セミナーに参加、弊社は相談会を行ってきました。 そこでとある農産加工品生産者の方との雑談で、 「デザイナーさんにこんな名刺とロゴ作ってもらったけど、 しっくりこないんだよね。せっかく作ってもらったんだから使わないわけにも行かないし…」 なんてことを名刺交換の際におしゃっていたのがとても印象的でした。 具体的な名前は申しませんが、ご婦人の方で、子供にも安心して食べさせたいと手作りの漬物の販売を計画されている方でした。 人柄も気さくで、事業にもとても信念の有る方かとお見受けしました。 その名刺にどんなロゴがあったのか。 ファッションブランドに出てきそうなクールでカッコイイタイプのロゴ。 真摯なものづくりではなく、流行に敏感で左右されやすい商業主義的なイメージすら持ちました。 見た目のバランスの良さやオリジナル性は有るのでしょうが、 いわゆる彼女の事業目的を考えずデザイナーひとりよがりの「芸術作品」と思しきもので、極めて的外れで劣悪なデザインでした。 ロゴに限らず商品パッケージのデザインは、 このような事業とかけ離れた目的のない

アクセス

〒001-0019

札幌市北区北19条西5丁目2-12

 

お電話&ファックス

tel:011-802-8063

fax: 011-802-8064

© 2020 有限会社IEP