検索

「6次産業化その2」

こんにちは、経営戦略・調査分析コンサルタント 中小企業診断士・6次産業化プランナーの松本珠恵です。 私は6次産業化プランナーとして、農林漁業者のみなさまの6次産業化をお手伝いしています。 前回は6次産業化について ①「計画ステージ」からいよいよ「実現ステージ」を迎える6次産業化 ②これから注目したいキーワード、「農観連携」 といった「トレンド情報」をお伝えしました。 今回は6次産業化の「1分セミナー」として、 ・課題のある「合理化と規模拡大」と、すすむ「高付加価値化」 ・求められる事業領域の明確化と、マーケットインの視点とはなにか ・ブランド力ある北海道農産物をわざわざ加工する必要はあるのか? をテーマに取り上げます。 ■1分セミナー それでは1分セミナーに入りたいと思います。 今回は、北海道の農林漁農業者の方々が進もうとしている事業領域の方向と、6次産業化の関係についてお話いたします。 農林漁業者のみなさまが進んでいこうとする事業領域には二つの方向性があります。 一つは「合理化と規模拡大」、もう一つは「高付加価値化」です。 ①課題のある「合理化と規模拡大」 「合理化と規模拡大」へと進む場合には、おもに顧客に低コストを提供することでの、利益の増大が期待されます。 北海道の場合は、酪農の通年雇用が容易なので雇用を伴う大規模化が進みやすいですし、農地確保や設備投資を認定農業者によるスーパーL資金活用が下支えした、といった理由から他府県に比べて規模拡大が顕著となっているのが現状です。 更に農家人口が減少する中で耕

アクセス

〒001-0019

札幌市北区北19条西5丁目2-12

 

お電話&ファックス

tel:011-802-8063

fax: 011-802-8064

© 2020 有限会社IEP